フォトアルバム

ウェブページ

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2020年9月21日 (月)

令和2年9月21日 敬寿の日



世の中、4連休となり、本日は敬老の日の祝日となっております。

敬老の日にちなみ、笑和感では、敬寿の日ということで、

職員から、利用者さんへ笑顔をプレゼントするイベントが催されました。


S__25747550

面白おかしく飾りたてた職員が司会を行う中、次々に職員の一芸を披露されていきます。

人前で行うのは、久しぶりとする職員のピアノ演奏に合わせて、皆で合唱を行いました。


S__25747543

次に、職員による手品ショー。

失敗もまた一芸なりということで、笑いと驚きを合わせて、歓声が起こっていました。

次に、利用者さんと職員による、甘いデュエットカラオケが披露されます。

利用者さんのノリノリの歌声に合わせ、皆で手拍子を送っています。


S__25747539

途中、利用者さんの歌と昔話の披露など、予定外の演出もあり、盛り上がりました。

利用者さんの隠れた特技に、皆びっくりしたところです。

最後に、職員のトランペット演奏とあり、職員の演奏の腕の上達を皆で感じました。

今日は、とても楽しかったと、おやつの時間に利用者さんと職員が語る場面が多く見られました。


S__25747528


S__25747535



2020年9月16日 (水)

令和2年9月16日 川を見る



本日、菅新内閣が発足しました。

政治的にも大きな変革となるのでしょうか。

テレビから流れる中継の様子を耳にしながら、何かが変わるのだろうかと、

利用者さんのいつもと変わらない様子を見ながら思うのでした。


今日は、天気も落ち着いており、外に出ても心地よかったです。

ウッドデッキに出て、目の前を流れる実沢川を見ると、

鮎を獲る人の姿がありました。

その様子を、物珍しそうに、利用者さんらは眺めております。

川の穏やかな流れを見ていると、豪雨の危機があった川だなんて、

信じられないですね。


S__25690114




2020年9月11日 (金)

令和2年9月11日 今日の空



残暑

今日も蒸し暑く、遠くの山並みの奥の方から、入道雲がにょきにょきと顔を出していました。

頭を垂れた稲穂の水田脇には、ススキが伸びていたりもしています。

虫の鳴き声も、暗くなれば耳に届きます。

天候は、不安定で、時折雷鳴とともに、雨が強い勢いで降ったりと

油断がならない空模様です。

そんな、不安定な空ですが、雲の流れは、様々な姿を見せてくれます。

そんな変わった形を描く雲は、皆さんにはどのように見えるのでしょうか。


S__25608196



2020年9月 9日 (水)

令和2年9月9日 避難訓練



本日は、救急の日にちなんで、笑和感では避難訓練が行われました。

調理場から出火という想定で、デイルームにいた利用者さんは、

皆、避難場所の表玄関口へと、職員の誘導でスムーズに避難を行いました。

非常ベルがけたたましく鳴ってから、避難が完了するまでにかかった時間は、2分50秒でした。

前回よりも、素早く非難することができました。

玄関口に避難した利用者さんは、用意されていた椅子へと座ります。

それから、利用者さんを前にして、職員の消火訓練を実施しています。

火を見立てたターゲットに、水消火器を噴射します。

見事、ターゲットを倒した際には、利用者さんから拍手が起こっていました。


S__25591846


S__25591844


久しぶりに、陽の光を浴びた、屋外での活動でしたが、

皆さんにもいくばかりか、気分転換になったらと思ったところでした。



2020年9月 8日 (火)

令和2年9月8日 笑う



先日、映画を観ました。

その中で語られていた台詞が印象に残っています。

「人は笑うと、寿命が約3分伸びる」

理屈があるわけではないものの、それを一概に否定することもしたくないわけで、

その言葉が、妙に気に入ったところです。

人は笑うことで、身体の免疫機能が高まると言う学説を聞いたことがあります。

あながち、根拠がないわけではないのです。


笑和感は、皆が笑える場としてあるのならば、

利用者さんも、より健康に、より笑顔で長寿になられていなければなりませんね。


評価が高い映画ではなかったようですが、

何か心にひっかかるものがあれば、それは見たかいがあったというもの。

皆さんも、長生きのために、意識して笑うことをお勧め致します。


S__25591837




2020年9月 7日 (月)

令和2年9月7日 台風のあと



経験したことのないような被害規模をもたらす可能性のある台風10号が

昨夜にかけて九州地方を通りぬけていきました。

40万世帯以上の停電、160万人に避難指示ということを

今朝の報道で知ったことです。

同じ日本でありながら、山形県は昨日から今日にかけては、

青空広がる穏やかな気候となっています。

7月下旬に豪雨を経験し、避難経験をした身であっても、

この天候から、台風の脅威をわが身に置き換えて考えられるかというと、難しいのが本音です。

それほど、この度の台風は一極に集中したものとなっています。

どうか、人命に関わる被害のなきことをお祈りするところです。



笑和感では、利用者さんと一緒に、裏の畑から茄子を収穫してきています。

大きな茄子がごろごろと採れました。

ついでにと利用者さんが、手に取ってきたのは、植物の弦のようでした。


S__25591814


S__25591816

折り紙細工の上に飾ると、見栄えが良いねなどと話されていました。

ちょっとしたひと手間が、その場の会話に影響を与えます。

何もしないより、何か行動に移すことの大切さを感じたところです。


S__25591817


S__25591818




2020年9月 2日 (水)

令和2年9月2日 今日は満月らしい



残暑残る9月へと突入しました。

世間では、収まらないコロナ、安倍首相の辞意表明、新総裁は誰か?

等、慌ただしい話題が中心となっております。

皆が多くの不安を感じているのだと思います。



田んぼ脇を通ると、稲穂の頭がだいぶ黄色くなり、頭を垂れていました。

ついこの間まで、まだ緑の葉っぱだったのに、今月には稲刈りが始まります。

時間の流れは早いものです。

毎年の今頃は、秋祭りを目前にし、町は、活気に溢れていたはずなのに、

今年の町行く人通りの無さ、実に静か過ぎて、侘しさとともに寂しささえ感じてしまいます。

来年に繋げようという言葉を希望として、

今年が充電期間となるのか終わりの始まりとなってしまうのか、

正直、先が見通せなく感じているところです。



さて、今日のお月さんは、満月らしいです。

月の光を目にすると、ちょっと元気になれます。

明るく照らしてくれる光を見るのが、今日の楽しみにしたいと考えています。


_20209




2020年8月15日 (土)

令和2年8月15日 黙祷



今日は、終戦記念日ということもあり、

昼どきに、テレビから流れる鎮魂の祈りとともに、

笑和感でも、黙祷が行われました。


利用者さんの中には、終戦時の思い出を語ることが出来る方もおります。

そうした方にとっては、あの時を振り返る機会ともなるのでしょう。

毎年訪れるこの時間は、とても厳かな時間となります。


S__25468942



2020年8月11日 (火)

令和2年8月11日 スイカわり



暑くて、暑くて。

クーラーなしではやっていられない猛暑の夏の到来です。

本日、群馬県では、40.1度を記録したとのことです。

熱中症が本当に心配されます。

皆さんも水分補給等心がけて生活してください。


さて、涼を求め、笑和感でも、夏の恒例のスイカわりを行っております。

ただ、予算の関係で、叩かれるスイカは、残念なことにビニールではありますが・・・。


S__25403394

利用者さんの意気込みもイマイチでしたが、

実際に始まってみると、狙い通りに叩けないもどかしさに、笑いが起こりました。

そしてお約束の、職員のヘルメット頭にヒットさせることも。

スイカは食べられませんでしたが、大いに笑いが起こったスイカわりだったようです。


S__25403396




2020年8月 7日 (金)

令和2年8月7日 『初めて』



台風4号が接近し、横断する北海道に注意が喚起されています。

ここ東北にも、週末にかけて雨雲に覆われる見込みです。

災害が、拡大しないように注意が必要です。

今日は、利用者さんの誕生会が行われています。

以前は、広く商売されており様々なところへ旅行されていたという利用者さんで、

こうしたデイサービスの雰囲気に合うのだろうかと、

当初は心配していたのですが、今ではすっかり皆と会えるのが楽しいと話されております。


今日は、赤い羽織を羽織って、軽く紅をさして、皆の祝福を受けられていました。

自らも、皆を前にして、挨拶をきちんとされています。

「この歳になってから、皆様にこうしてお祝いして頂いたのは初めてです。」

とのこと。


ここに来てから仲良くなられた友人の方からも、言葉がありました。

「いつまでもお元気で、これからもずっとお友達でいてください。」

との言葉かけに、利用者さんも思わず涙をぬぐう場面が見られました。


この歳になってもからも、初めてと感じられるほど、嬉しくなる場面もあるものです。


S__25264143